幹部社員のための語学研修を計画されている法人の皆様へ

 

社内公用語を英語にする会社が増えてきました。新人社員の場合は、はじめからその能力を持つ人材を選ぶことができますが、すでに活躍されている幹部社員のかたには、『英語を使うことに余計な負担を感じることなく、今まで通り能力を発揮してもらいたい』と考えておられる経営者が多いと聞いています。

そのような幹部社員の方には、短期語学留学で、英語力に自信をつけていただいてはいかがでしょうか。

 

 

英国留学委員会がお勧めするのは、LONDON SCHOOL OF ENGLISHでの研修です。

 

<4週間研修>

 

ウェストクロフトスクエア校舎では、ジェネラルイングリッシュを学ぶことによって、英語での思考をごく自然なものにしていきます。最終週のホランドパークガーデンでの授業では、ビジネスで考えられる下記のようなシーンを想定し、英語力を磨きます。

  • 商談の席での会話力
  • 魅力的なプレゼンテーション
  • 電話での英語力の付け方
  • ビジネスで頻繁に使う単語

LONDON SCHOOL OF ENLGLISHでは、世界中の政府機関や有名企業からの研修生を受け入れています。

<研修生を送っているおもな政府機関/法人>

  • ブラジル中央銀行
  • 在トルコ英商工会議所
  • 欧州裁判所
  • 日本経済産業省
  • ポーランド国立銀行
  • ノルウェー放送協会
  • オスロ大学
  • スウェーデン弁護士協会
  • スウェーデン警察
  • ローマ銀行
  • 日本銀行
  • クレディスイス
  • 第一生命
  • 大和総研ホールディングス
  • 電通
  • ドイツ銀行
  • ヘンケルジャパン
  • 日本政策投資銀行
  • 日本サッカー協会
  • 日本製鋼所
  • 三菱電機
  • 日鉱日石金属株式会社
  • 三井住友銀行
  • 帝人ファーマ
  • 東京証券取引所